TOEIC 出題形式一部変更

実力が数値で分かります

英語の学習をしていて、自分の学習成果を知る手段として一番分かりやすいのはTOEICだと思います。
一般的に一番浸透していて、色んな場面で聞く名前だと思います。
TOEICの他に英検も一般的な英語の実力を試す試験ですが、とりあえず話す事に関しての試験項目がないTOEICの方が気楽に受けやすい上に、ある程度の得点が取れれば就職や転職などにも役に立ちます。

余程英語に堪能な方でない限りは試験時間が足りないかなと思えるくらい、みっちりした内容ですが、難易度はそんなに高いという程でもなく、そこがまた受けやすい部分の一つと言えます。
たまに凄く難易度の高い問題も潜んでいたりはしますが…。
ただ問題数が多いので、かなりテンポよく問題を解いて行かないと後半で時間が足りなくなって来ます。

言語に関係無く、元来喋る事が余り得意ではないという人もいるかと思います。
私もどちらかと言うと普段はそれほど口数の多い方では無いかと思いますが、喋る事の好き嫌いは関係無く、ただ単純に自分の母国語以外の言葉を理解したいと思い、世界で一番多く使われている英語を学習してみる事にしました。

言葉は話すだけでなく書く事もありますから、どちらかと言うと私の場合はそっちの方が好きなのかもしれません。

もちろん誰かが話している事を理解出来るような聞く力が無いと、折角学習している事も生かし切れないと思います。
むしろこっちの方が重要だったりしますね。
話せなくても、聞く力さえ持っていれば相手が何を思っているかを理解する事は出来ますからね。
おそらくTOEICもそういう部分に重点を置いているので、話す項目が無いのかもしれません。

最近になって主題形式が一部変更になるという話が出ていますので、その出題形式に慣れる必要性もあるかもしれませんね。
ぶっつけ本番だと運良く簡単に理解出来るような問題であればいいですが、そうではない場合だと意外なところで問題の主旨を理解出来ずに点数を落としてしまう事にも繋がって来ます。

TOEIC SQUAREのページに出題形式の変更を紹介しているページが記載されていますので、チェックしておいた方がいいですね!

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

新品価格
¥3,024から
(2016/4/26 20:34時点)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です