デュオリンゴちょっとルール変更

簡単なレベルをショートカット!

先日新装開店したデュオリンゴですが、変更してからというもの一つのレベルでかなり練習を重ねないと次のレベルに上がれないという大変さがありました。

ジャンルにもよりますが、多いと30回以上練習しないと次のレベルに上がれないです。

これが割と練習した効果を感じられるものであれば30回反復するのもいいかなと思いますが、難易度が低くて簡単過ぎる内容を30回以上も続けてするのはなかなかしんどくなって来ます。

その点を考慮してくれたのか、最近はジャンルを選択する時に鍵のマークが付くようになりました。
key

何かなと思ってタップしてみると、何でも4問間違えないで(ハートが無くならないように)問題を答え切れれば一気に飛び級出来るという内容が画面に表示されているではありませんか。

まさに渡りに舟のようなお助けルールが追加されたみたいですね。

jumpgrade
早速飛び級にチャレンジしてみました。

内容は以前の連続記録が途絶えた時に問題を一定数間違えないで答え切れれば、連続記録を失わないで済むというルールの時の問題内容とほぼ一緒でした。

最初はそんなに難しい問題は無いので、サクッとクリアすれば1レベル一気に飛び級する事が出来ます。

飛び級したとしても、かなり色んなジャンルがありますので、1ジャンル5レベルでマスターですが、全ジャンルをマスターするまではかなりの時間を要すのではないかなと思います。

飛び級でマスターすると気付くのですが、マスターするのにジャンルによっては100回くらい繰り返さなくてはマスター出来ないのもあります。

んなの、やってられっかって感じですね。

これからもどんどん進化を続けて行くデュオリンゴを追いかけてみようかと思います。