スマホの反応が悪くなって文字が打ちにくくなる原因

スマホの反応が悪くなる原因は様々

一部のスマホの設定によって起こる現象なんだと思いますが、どうもLINEを立ち上げっ放しにしていて、少し間をおいてから動かそうするとスマホの反応が悪くなって文字が打ちにくくなるみたいですね。

またスマホの機種によっては、スマホの上部にアイコンみたいに表示される通知事項がある時も、スマホの反応が悪くなって文字が打ちにくくなる傾向があるみたいです。

スマホの通知アイコンの画像です
ウィルスソフトのスキャンが完了した通知や入力方法の選択、アプリの更新などが通知表示されている時も何故かスマホの反応が悪くなって文字が打ちにくくなったりする事が多いみたいですね。

しかも一旦原因と思われる事を取り除いても、少しの間は文字が打ちづらい状態が続いたりします。
スマホの反応が悪く文字が打ちづらいなと感じたら、そこら辺を確認してみるのも一つの手段だと思います。

またWi-Fi利用時のスマホの設定で、スマホを利用しない時にはWi-Fiの接続を切る設定にしている時に再びスマホを利用すると、その時にまたWi-Fiと再接続する為に利用し始めてから少しの間はスマホの反応が悪く文字が打ちにくかったりする事があります。

Wi-Fiの設定画面です
こういう現象が起きた時はスマホのWi-Fi接続設定を常に繋げるようにすれば、打ちにくくならないようになりますが、やはり多少電池の消費が早くなる感じがしますね。

このWi-Fiの設定は、最初にお話ししたLINEを繋ぎっぱなしにするとスマホの反応が悪くなる事や、Wi-Fiだけに限らず、全般的に電波の状態が悪い時にスマホの反応が悪くなる事と話が繋がって来るような感じがします。

そう考えるとスマホで文字が打ちにくくなる原因はなかなか多岐に渡っているのですが、それぞれに関連性がある事がうかがえますね。

これまでもいくつかスマホの反応が悪くなって文字が打ちにくくなる原因を紹介しているので、色々試してみる必要性は十分あるかなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です