Who repairs not his gutters repairs his whole house

何事も故障は早めの修理がいい

意味は雨どいを直さないと家全体を直す事になるという事ですが、早めの修理なら大事に至らないので直ぐにやっておいた方がいいという事ですね。

確かに雨どいが詰まったりすると、家の変なところに水が流れそうな気がしますし、詰まって水が溜まっているだけでも腐食したりして傷みそうな感じがしますよね。

近くに森林があると雨どいに枯れ葉が詰まりやすいので要注意です。

この言葉は人の場合でも当てはまりますね。
人も早めの修理が大切ですね。

大事になってからでは雨どいや家と違って取り返しがつかない結果になったりする事もありますので、早め早めでお願いします。

最近は休みもなかなか取りづらい環境が多い事とは思いますが、なるべくなら自分の身体を労る方を優先させて下さいね。

無理して大きい病気になってしまったらそれこそ周りの人に迷惑を掛けてしまうことになってしまいます。
たまには身体を休めてみるのも気分転換になりますし、おススメです。

最近は仕事の能率よりもストレスの方が受ける割合が多いのではないかと思えるほど、労働環境が良くない職場が多いように思います。

行き詰まり感がある中で毎日同じような環境で、同じような仕事をしているようではその状況から脱する事は出来ないでしょう。

時には気分を入れ替えられるような環境にいてこそ、面白いアイディアも浮かびやすくなって来るので、こういった部分が今の社会には必要だと思います。

効率を求めるのは大事な事ですが、求め過ぎると人間は感情を持ち合わせた生き物ですので最終的にはやる気を無くしてしまいます。

日本も景気が本当に良かった頃は、効率だ何だと今ほど厳密になってなかったと思います。

やはり何事もバランスが大事なんですよね。

それに早く気付けるかが物事の重要な鍵となりそうですね。

new relation content
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です