TOEICにもパターンがある

ああ、この問題知ってる

TOEICをある程度回数重ねて受けていると段々感じてくると思いますが、パターンみたいなのが存在していますね。
連続で何回か受けると、『この問題前にやった事があるな』と思う場面に遭遇する時があります。

こういうパターンを押さえておくと点を上げるのに凄く役に立ちますし、回答時間の短縮にも繋がります。問題数がとにかく多いので、リーディングではそういうパターンを出来るだけ多く知っておいた方が当然高得点に結び付いて来ます。

こういった事は対TOEIC向けの学習をする上では必要な事だと思いますが、上記のようなパターンを掴んで得点を得るという方法が、自分自身の本来の英語の実力と結果が多少違って来ちゃうんじゃないかなって思っちゃいますね。
純粋に自分の実力がどれほどのものか知りたい為に受ける時には、こういう部分は+αになってしまいます。

でもどうしても直ぐにTOEICの点数を上げたいって方は、こういう方法を覚えておけば少しでも点数アップに繋がる事は間違いないですし、点数がアップすれば自分の自信にも繋がって来ると思いますので、取り組んでみて損は無いかなーとは思います。

まあそのパターンを見切るのも、ある程度の英語の理解力が必要となって来るのもありますので、通常の勉強もしていないと分からないかもしれませんね。

基本英語の理解力が要になって来ます。
楽して高得点という事はまず有り得ませんので、やはり日々の積み重ねが大事になって来ます。
でも確かに普段他の事をしていると、日々の積み重ねもなかなか難しいかもしれませんね~

まずは少しの時間でも『英語学習の時間』を設けるようにしましょう。
何事も一気に負荷を掛けると続かなくなってしまうので、自分が可能な範囲から少しずつハードルを上げていくようにした方が確実に前進する事が出来ます。

TOEIC・テストリスニング360問

新品価格
¥198から
(2015/11/8 19:57時点)

new relation content
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です