Speakyに悪意あるユーザーが増加傾向

だんだん増えている傾向です

先日ご紹介させていただいた外国人と知り合うサイトにSpeaky(スピーキー)というのがありますが、最近再びちょこちょこサイトに訪れる機会があって、ふと感じた事を本日は書きたいと思います。
大手の外国人と知り合えるサイトと比べると規模こそはそれほど大きくは無いような感じがしますが、その分ユーザーの質が良く、そういう観点から私も以前から利用していました。

このサイトも年々利用者は増えて来ているのですが、やはりそれに従い利用者の質の低下も否めない部分もあります。
今ではよくありがちなカダフィ大佐の娘を騙る成り済ましもありましたね。

他にはどう見てもプロフィールに載ってる出身の方じゃないでしょ?って思う人に多々当たります。
この前は香港出身の女性の方で、話を聞いているといかにもそういう感じがしますが、ふと当たり前の事を聞いてみると、その答えがおかしいなって思ったりする事があります。
例えば何気無い質問の一つに時差の事を話に出したりしますが、こちらの時間で夕方にそっちは何時だと聞いてみると、朝だという答えが返って来ました。
香港ってそんなに時差あったかなって思いつつもググってみると何と時差は一時間しかありません。

おいおいって感じですね。

まだその程度のものであれば可愛いげありますが、中には純粋に語学学習に役立てようと考えて訪れる人もいるので、そういう人の心を踏みにじるような行為は厳に避けていただきたいものですね。
このSpeakyやHello Talkなんかもそうですが、相手のメッセージを添削出来る機能があって、会話の内容そっちのけで自分のストレス解消とばかりに些細な事でも添削して来て、肝心の会話の受け答えをしてくれなかったりする人もいますので、あまりにも悪質だなと思ったらブロックする等の措置をした方がいいですね。

またそういうサイトを利用する際は、そういったリスクもあるんだと踏まえた上で利用した方がいいのかもしれません。
世界中から色んな人が訪れる訳ですから、悪意を持っている人も当然訪れて来ます。
そういう見極めも語学学習には必要な事なのかもしれませんね。

中には当然純粋に語学学習をしたくて訪れている人もいますので、Web上だからと言って傲慢にならず、相手を思いやる気持ちが持てればきっといい相手が見つかります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です