スマホのタッチパネルの感度が悪い その4

 原因はいろいろ!?

今までスマホのタッチパネルの感度が悪い時の対処法をご紹介しましたが、それでも感度が復活しない事もあります。

同期させても感度が戻らない事もありますし、そもそも感度が悪くなる原因が一つだけじゃないかもしれません。

電波の状況によっても著しく感度が悪くなる事もあり得ますし、スマホの容量がいっぱいになって来ても動きが悪くなって来るので、当然感度も悪くなります。

アプリなどが自動更新している時も動きが悪くなるので、感度も悪くなります。

wp190

基本的に何かがスマホの中で動いていて、それを動かしながらタッチパネルを操作すると、スマホの処理速度が追い付かなくなるから感度が悪くなると思いますので、まずはスマホの設定を確認して、色んな設定をとりあえず停止させて様子を見る事で大抵タッチパネルの感度は直ぐに戻って来ると思いますが、それでもダメならもっと深く突っ込んだ方法を行うようにしていけばいいのではないかと思います。

私も一時期物凄く感度が悪くなって、最終的にはスマホをオールリセットしたり、microSDカードを初期化して入れ直したりした時もありました。

まあそこまでして状況が変わらなければ修理に出した方がいいかとは思いますが、私の場合はそれでもダメだったのでスマホに付けていたカバーを取ったらいとも簡単に感度が戻って来たんですよね。

なので、どこにどういう原因が隠れているのか分からないので、保証の範囲内で色々と試してみた方がいいと思います。

それで原因が特定出来れば、また感度が悪くなっても粗方原因が分かるので解決しやすくなるかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です