生涯を学習期間とする

生きる事とは学ぶ事

学生を卒業して、社会に出る事になると仕事に関して学ぶ事はあるかもしれませんが、ある程度の年齢が過ぎて来ると、仕事についても学べる事が無くなったと感じて、学ぶ事を止めてしまう人がいます。
どうせ今から勉強始めたって身に付かないよっていうのが、大抵の理由になっていますね。

学ぶ事を止めてしまうと、考えるという事もしなくなるので、結果的に老化を早めてしまうのではないかと思います。

私が学習している事の一つに英語がありますが、学習している期間はいたずらに長いかもしれません。

おそらく英語の学習だけに集中して行えれば、もっと早い期間で英語もマスターしていたのかもしれませんが、これだけに携わっている事が出来ないので、現在に至ってもぶっちゃけ余り大したレベルじゃないと思います。

多分私が飽きっぽい性格であればとっくに挫折していたかもしれませんが、何となくせっかく始めた事を途中で投げ出すのが嫌で、どんなに進歩が遅くてもいいから自分の生涯というスパンで考えて学習していく事にしようと決めて現在まで続いています。

始めた当初よりかは流石に上達しているとは思います。
まぁどちらかと言うと、慣れて来たという表現の方が近い感じもしますが…

語学学習は習うより慣れろという学習方法が結構当てはまりますね。
自分がどの程度まで習得出来るか分かりませんが、やれるだけやってみたいと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です