Webはサクラも多い

少なからずいます

先日Web上で話し相手を探す時は、自分と同じ境遇の人がたくさんいて、競争率が激しいというお話をさせていただいたと思いますが、それ以前に、一部の人の中には一見普通そうに見えて実は全くそういう事に興味も無い、言わば『サクラ』と呼ばれる人も存在しています。

国内外問わず、モグリそうなサイトほどいる傾向が強いというのも万国共通みたいですね。
私も以前に何度か『こいつ、サクラかな…?』って思えるような人に当たった事があります。

一見普通のやりとりのように思ったりするんですが、何か機械的な感じがしたり、話自体の内容がありきたりな事ばかりでなかなか発展しなかったりすると、そういう節があるのかなって思います。

まぁ動機が違うと言っても、人と人が知り合うサイトなのですから、当然色んなサイトもありますし、その中で色んな人がいるのも想像は付きますね。

最近は特に国内でも物騒になって来ていますので、全般的に人と人が知り合うサイトっていうのもリスクが大きくなって来ているような感じがしますね。
こういう電子上だけだと当然リアルなものが見えないし、いくらでもオブラートに包む事が出来そうですからね。
いやーな世の中ですね。

new relation content
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です