ロマンス目当ての人もいる

世の中には色んな人がいます。

自分が学習している言葉の話し相手(Language excgange pertner)を探している行程で、やっといい人に巡り会えたなーと思って、いざ親睦を重ねて行くうちに、その相手の真意が見えて来る事があります。

会う前のメールのやりとりでは至って普通の感じなのですが、会ってからだんだんその人が本当に必要としている事が見えて来たりもします。
まぁ、でもこれは別にこの話し相手探しに限った話ではないと思いますけどね。
私の場合はそれで同性愛者に当たった事があります(笑)
今だから笑って言えますけどね。
当時はちょっとショックでしたねー
自分の見極めの甘さにショックでしたよ。

特にリアルな被害が無かったのは幸いですけど、自分のそういう趣向を押し付けようとして来たので、私は拒絶しました。
基本私は男でも女でもゲイでも何でも偏見で見ないようにはしていますが、自分の価値観を押し付けようとされるのはちょっと流石に辛かったですね。

まぁそういう事があっても英語を学習しようという気持ちは変わりませんでしたし、その同性愛者と知り合うきっかけになった方法と同じ事をするのは止めようとも思いませんでした。

皆さんも余り早まらずに慎重な行動を心掛けて下さいね。

後悔先に立たずです。

new relation content
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です