ハードルの上げ過ぎは禁物

学習法も応用を

今日は学習する上で余りハードルを上げ過ぎると続かなくなるので、余り高くし過ぎないように注意が必要ですという事を薀蓄したいと思います。

英語を学習するにあたって徐々にレベルを上げていくのは必要な事ですが、付いていけない程一気にレベルを上げるのは余り望ましくありません。

一気にレベルを上げてしまうと、これがネイティブが使う英語なんだとショックを受けてしまい、自分には付いて行けないと挫折してしまう可能性すら出て来てしまいます。

それでも根性のある人なら喰らい付いて、自分のものにするという人もいるかもしれませんが、大抵の人は限られた時間の中で学習している人たちばかりだと思いますので、普段学習をしていて余り負荷が掛かってしまうようですと、続けて行くのも困難になってしまいます。

学習をしていて現状のやり方で物足りないなぁって思ったら、ちょっとレベルを上げたりすればいいと思いますし、ちょっときついなって思ったら自分が楽になるまで休んだり、学習の方法もシンプルにしてみるのも一つのやり方だと思います。

ある程度基礎の学習法を身に付けたら、自分なりの学習方法を見つけ出して、学習の効果を最大限引き出せるようにすれば、それが最も効果のある学習方法と言えます。

言葉というものは一朝一夕で覚えられるものではありませんし、よしんば上手く器用に覚えたとしても表面上だけで、含蓄のある言葉を放つには英語や日本語など言語の如何を問わず、携わった年月が一番大きなウエイトを占めます。

それはその言葉を放つ人の経験が、言葉に重みを増して説得力というものが付いて来るからですね。
学習のペースは自分で確立していかないとならないものなので、学習している時は常にそういうところを意識していた方がいいかもしれませんね。

色んな人の学習法は参考に出来ても、そっくりそのまんま真似をするのは恐らくどこかで無理が生じて来ます。

何事もやはりバランスが大事で、自分にとってベストな状態を保つ事が重要になって来ます。

それが少しでもコントロール出来るようになれれば、実践でも役に立つ事請け合いです。
ですので、上手く自分流にアレンジして行けるようになる事が学習を続ける上では必要な事になります。

自分にとってベストの学習法を見つけましょう!

10年間勉強しても英語が上達しない日本人のための新英語学習法 A NEW WAY TO LEARN ENGLISH FOR ALL JAPANESE

新品価格
¥1,620から
(2015/10/7 19:09時点)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です