一期一会

重みのある深い言葉です

今回は一期一会についてお話ししてみようかと思います。

私も知らなかったのですが、元々は茶道が発祥の言葉だったんですね。

出会えたこの大切な時を味わう事は一度しか出来ないから、最高のおもてなしを込めて迎えようという意味ですね。

最近は物事に対する出合いにも使われたりしています。
素晴らしい道具との出合いで、自分の仕事に+αの価値が付いたりもします。
まさに鬼に金棒のような感じですね。

また、自分にとって忘れられない出来事が自分を成長させるきっかけに成り得る事もあります。
その出来事が自分にとって良い事でも悪い事でも、結果として自分自身の成長に繋がった事であれば一期一会の素晴らしい出来事だったと言えるのではないでしょうか。

皆さんにはそういう体験がありますでしょうか?

いつも会っている人に対しても、こういう気持ちがあるといいですね。

いつも会っていても、その瞬間は二度と戻っては来ませんからね。
そうすれば、いつでも新鮮な気持ちでいられるのではないでしょうか?

一期一会の精神は常に持っているといいかもしれません。
いつでも新鮮な気持ちでいられると思いますよ。
いつも会っている人でも、いつもと何か違う発見があるかもしれません。

出会(合)いに当たり前なんて事はありません。
まあ常に一期一会を意識するのは難しいかもしれませんけど…
気持ちを若く保てるかもしれません。

退屈な出会いを新鮮なものに変えてみましょう。

面白い発展があるかもしれません。

new relation content
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です