英英辞典を引く

 大変なので学習してる感あります

英語を学習する一環としてやっておきたい事に、英英辞典を引いて意味を調べるようにするのも英語を馴染ませるいい方法ですね。
英語が分からないから日本語に訳したものにしないと分からないのに、分からない英語を英語のままで調べるというのもなかなか無謀な話だなと思うかもしれません。

英英辞典で調べてみると、最初は余りにも分からない単語が多くてムカつく事の連発かもしれませんが、ずっとやっていると次第に慣れて来て、意味を全部読む前に意味が分かって来たりもします。

まあ母国語だってそうですよね。
意味を説明する文を読んで行くうちに、文の途中でその意味が理解出来てしまう事もありますね。
そんな感覚だと思います。

これは私もまだまだ修行中でして、調べて行く途中で別の分からない単語があると更にそれを調べてって感じになったりする事もあります。

そうなるとドツボなパターンなのですが、時間に余裕があればいくらでもとことん調べ尽くしてみるのも面白いかもしれません。

子供の頃にあれの意味は何?みたいな感じで無尽蔵に疑問が出て来たものですが、そんな感覚を少しでも呼び起こせると色んな事を知る事が再び楽しくなるかもしれませんね。

たっぷり何かに没頭する時間が欲しいですね~。

【DVD-ROM付】オックスフォード現代英英辞典 第9版

新品価格
¥5,940から
(2016/1/16 20:10時点)

new relation content
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です