買い取り業者はなかなかシビア

上手く使い分けるといいかも!?

断捨離を行う方法として欠かせない方法の一つに、買い取ってくれる業者に引き取って貰うというのがあります。
ですが業者の方も最近は在庫管理をしている所が多く、例えばコミック本が全巻揃っていたとしても在庫過多だと1円も買い取ってくれないなんて事も有り得ます。

まあ業者さんも商売ですから、在庫のあるものを抱え過ぎてもしょうがないですし、それだけ他の物が置けなくなってしまうのは致命的だと言うのも分かります。
断捨離している人にとってみると、ただで本を引き取ってくれるならまだ断捨離出来ているからいいのかなって、ポジティブな気持ちに切り替えれば、沢山あった本が無くなったのを見てスッキリした気分になれると思います。

しかも最近ではたくさんの要らなくなった本を持ち込んで買い取って貰うのは大変ですし、持ち込まれた方も一つ一つ見るのは大変ですので、宅急便を使って送る事も出来ます。
これは結構便利でいいですし、この本を持ち込むのはちょっと恥ずかしいかなって思うような本も送ってしまえば途中で誰かの目に触れるという事もありませんのでおすすめです。
これは本だけに限らず、Webで検索してみるとそれぞれの品を専門的に扱った業者さんがたくさん出て来ますので、是非一度試してみるといいですね。
買い取って貰う品によって業者を使い分けた方が、微妙に買い取り価格も違って来ます。

実際に利用してみて思った事は、便利な反面、買い取り価格がちょっと安いのかなって思いました。
まあ業者さんも宅急便を使うという事はそれだけ運賃が掛かっているって事ですし、さらに買い取った分を出費するとなると結構大変なんじゃないのかなって思います。
まあシビアな感じになるなって想像は付きますけど…買い取り価格はあまり期待しないという場合には一番のおススメ方法です!

new relation content
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です