Actions speak louder than words

どうしようかと思ったら行動する

日本のことわざの『言うは易く行うは難し』に似たニュアンスがあります。
やはり行動する事がいいという事も全国共通なのかもしれませんね。
確かに行動してみないと何も状況は変わりませんからね。

今回のことわざは行動する事を擬人化して言葉自体よりも強く語るんだという事を示しています。
行動してみても自分の思うような結果が得られないなんて事も多々ありますが、行動しないよりも行動してみた方がどんな結果であれ後悔が無いというのが定番の流れですね。

そういう部分だと案ずるより産むがやすしにも似ているところがあるのかもしれません。
こちらの方はあれこれ心配するよりも行動してしまった方がいいという意味合いがあります。
こうやって似たことわざを並べてみると、昔から行動する事は大事なんだなという事が分かりますね。

今行動しようかどうしようか悩んでいる人がいれば行動した方がもちろん良い選択になるかと思いますが、準備も怠らないようにして下さい。
石橋を叩いて渡るくらいがちょうどいいと思いますので、ある程度石橋を叩いて安全を確認したならいざ行動に出るというパターンがベストですね。

準備が万全であれば、望まない結果だったとしても行動に出した事自体が進歩に繋がりますので諦めずに冷静に粘り強く取り組めば、きっと自分の納得出来る結果を得る事が出来るはずです。

着実に一歩一歩進めて行きましょう!

new relation content
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です